そうだ!ビートにしよう!

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

再始動

その時を何と呼べば良いのだろう?

復活と呼べば分かりやすいのだろうが、故障していた訳ではない。
確かにこのままエンジンが掛からないのではないだろうか、と思ったこともある。
非常な苦労の末、掛かったなら復活という言葉も当てはまるかもしれない。

しかしその時は、適切な作業をしていく中で訪れた。

デスビはリビルト品を入手。テスト車両のビートで点検済みのもの。

再びヘッドカバーを取り外し、No.1シリンダの圧縮上死点を出す。
マニュアル通りにデスビのポンチマークを合わせ、ヘッドに差し込む。

ヘッドカバー、プラグコードを取り付け、つけ忘れているものがないかを確認後、
イグニッションを回すと・・・

エンジンは掛かった。

ただアクセルを踏み込んでも回転数が上がらない。チェックランプも点灯している。
デスビに付いてきた説明書を読むと、1コマずれているとランプが点灯するらしい。

点火時期が早すぎたのか、遅すぎたのか点検するために、ヘッドカバーを取り外す。
今度は上死点で、ローターがNO.1をちょっと過ぎた所に来るようにセット。

再びイグニッションを回す・・・ランプも点灯せず、力強いエンジン音を響かせる。

エンジンの再始動に成功。
スポンサーサイト

category: HOH

[edit]

page top

« HOH後  |  デスビ固着 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fanfunbeat.blog69.fc2.com/tb.php/144-73a4e122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top