そうだ!ビートにしよう!

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ビートの祭典

4月12日に行われたカミムラチャリティー

まだ寒かった。けれど快晴で日向はポカポカだった。

のどかな昔の風情が残る小川町に色とりどりのビートが集結。
トークショー、オークションにバザー、そして集まったビートをながめたり・・・

街の人たちもバザーや集まったビートを見に来ていたようですね。
食事に入ったお店もお客さんがいっぱいでした。
そのお店にもポスターが貼られていました。

街全体がビートに好意的。
このような車のイヴェントは他にないのではないでしょうか。

ビート好きにとっては幸せな一日でした。


スポンサーサイト

category: イベント

[edit]

page top

ビート復活作戦

よくよく聞くと3年近く放置されていたビート。
DVC00174.jpg

燃ポン作動音が聞こえないので、外してみたところ紅葉色で完全にアウト
http://fanfunbeat.blog69.fc2.com/blog-entry-157.html
入手した燃ポンも不動で復活中断。

4か月ぶりに復活作戦再開。

新たに手に入れた燃ポンをコネクタにつないでスイッチオン・・・燃ポンOK!

プラグを外してクランキングしてオイルを循環
燃ポンも取り付け完了。
DVC00170 (2)


古いガソリンを排出して、ガソリン投入。

高まる気持ちを抑えてクランキング・・・かからない・・が、かかりそう
もう少し・・・かかりました!

初め吹け上がりが悪くて1発死んでいるかも・・
でも、燃料は来ている、火花も飛ぶ。
吹けが悪かったのも古いガソリンが残っていたためでしょう。
だんだんと調子が良くなりましたね。 復活おめでとうございます。
DVC00172 (2)

次回はいよいよ路上復帰か?!

category: オフ会

[edit]

page top

ドラシャブーツ

ドラシャブーツも交換時期を迎えています。
表面がかさついていて、ゴムのしなやかさがありません。
おそらく無交換。20年も経過しているのでしかたないでしょう。
逆によくもっているとも言えます。

破れる前に交換しようとその準備を進めていますが、
ドラシャブーツやブレーキのリペアパーツなどはホンダから純正部品を
買う必要はありません。純正部品は高いです。
そこで、それらの部品を作っている専門メーカー品を買えば良いのです。
(専門メーカーがホンダに部品を供給している訳ですからね)

さて、それをどこで買うかですが、修理屋さんは部品商から買うのでしょうが、
一般の我々はネットショップなどを利用することになります。

かねてよりあるネットショップにビートに適合するであろう品番のドラシャブーツがあることは見つけていました。しかしその品番はトヨタ車のページに出てきていたのです。

部品メーカーですから同じ部品を複数の自動車メーカーに供給することはあるでしょう。
(ビートにも使われているのだけれど、同じサイズのトヨタの車にも使われているということ)

しかし品番だけから購入するには一抹の不安がありました。

そこで直接その部品メーカーにメールで問い合わせをしました。
その部品メーカーは、制研化学工業という主にブレーキ部品を作っている会社です。

私のような個人ユーザーにはたして回答してもらえるのか・・・

結果は丁寧な回答が返ってきました。該当の品番はビートに適合するとの内容でした。
大量の部品を自動車メーカーに供給している会社が、個人にもきちんと対応してくれる・・・嬉しいことです。

制研化学工業のホームページをよくよく見ていると、SeikenClassicというページがあります。国産旧車のブレーキパーツを検索できたり、ブレーキの仕組みを解説していたり、旧車好き、メンテ好きには堪らないページです。

個人ユーザーの質問に回答したり、旧車の部品も供給してくれたりと、制研化学工業の真摯な取り組みに好感がもてたひと時でした。

興味をもたれた方はこちらのリンクからどうぞ  SeikenClassic

category: メンテナンス

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。