そうだ!ビートにしよう!

11/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

シート・リペア

DVC00088 (2)
背面下部のビニールレザーが経年劣化でひび割れていたので取り外し

DVC00089 (2)
オリジナルを型紙にしてレザーを切り出し

DVC00090 (2)
縁取り及びフックの取付け

DVC00093 (2)
出来上がりました。

スポンサーサイト

category: インテリア

[edit]

page top

シート・リペア

真冬は室内のメンテが中心になります。

擦り切れた右サイド部を共生地で再生

DVC00129.jpg
背面と接続

DVC00131.jpg
あと少し

category: インテリア

[edit]

page top

宮ヶ瀬へ

ビートを街中で走らせて満足していたら、それはもったいないことだ。

信号が青に変わってスタートした時はエンジンの吹け上がりを楽しむことができるが、じきに赤信号でストップだ。
もう少しエンジンを回した状態を楽しみたい。信号区間でゴー&ストップを繰り返すのではなく、長く走りたい。

だからと言って高速を走るのも楽しくない。
高回転の維持は楽しめるが、シフトチェンジの楽しみがない、景色が変わらない、つまり単調だ。
高速はもっとスピードの出る車、フェラーリやポルシェなどの高速道路に似合う車に任せておけばいい。

ビートのような小型スポーツはやはり郊外の裏道や山間部のワインディングロードが似合うし、面白い。

幸い神奈川には宮ヶ瀬や相模湖周辺など信号がほとんどない郊外の道がある。
法定速度内で十分ビートの走りを楽しむことができる。
(箱根もあるが、勾配がきつくてビートにはちょっと辛い)

ただしそこへ行くには私の住むところからは1時間くらいはかかってしまう。

そこで信号の少ない裏道を使い、遠回りしてでもビートの走りを楽しむ。
道幅が狭いところもあるが、普通車で躊躇するようなところでもビートならば十分のスペースだ。


category: 宮が瀬

[edit]

page top

整備オフ

DVC00087.jpg
いよいよ燃料ポンプの取り外し。

DVC00093_201312212355576ce.jpg
ようやく外れた燃料ポンプは・・・

DVC00099_201312212356005f9.jpg
街中はすでに紅葉の季節は過ぎ去りましたが、ここでは真っ盛りでしたね!

次回は1年の眠りから目覚めさせましょう。

category: オフ会

[edit]

page top

シート・リペア

DVC00124_20131221000812666.jpg
シートバックは洗濯機で丸洗い。その後、擦り切れた部分を取り外す。

category: インテリア

[edit]

page top

シート・リペア

DVC00103_2013122000131794f.jpg
Dシートバック分解

category: インテリア

[edit]

page top

整備オフ

相模原にある秘密基地。ビート3台が体を休めています。

その内の1台、白ビートのBパッド&フルード交換をしました。

長く整備されていなかったためか、固着しているボルトも。
フルードの回収には十六茶のペットボトルを使いましたが、
出てきたフルードの色は十六茶そのものでした。

A.C.G&ACベルトの調整は日没でタイムアウト。
次回は燃料ポンプの交換ですね!

category: オフ会

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。