そうだ!ビートにしよう!

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

エアクリーナー

エアクリーナーを交換しました。

上が旧、下が新品。

購入時に交換されているので、約4年、2万キロ使用。
新品と比較するとかなり汚れているのが分かります。

インフォメーションプレートには4万キロ毎に交換とあります。
DVC00090 (2)
悪路を走っていた訳ではありませんが、とても4万キロは持ちません。

3連スロットル、インマニ、チャンバーなど、いかに効率よく空気を吸わせるかを考えて設計された吸気系。

汚れたエアクリーナーで効率を落としてはもったいないですね。
スポンサーサイト

category: メンテナンス

[edit]

page top

最新のフジツボ4本だし

フジツボ・レガリスK-4本出しは今も販売されています。
フジツボのHPを見ていて以前より違和感を感じていたのがそのイラストです。

HPにはビートに取り付けた状態の画像はあるのですが、マフラー単体の画像はありません。全体を表示しているのはイラストだけです。
984.jpg
FUJITSUBO

このイラストが私が見てきた4本出しと作りがちょっと違うのです。

イラストでは左側ステーがタイコ部から出ています。さらに左排気管もタイコの左側から出ています。

私が中古を手に入れる前に購入を検討していた楽天では今私が付けているのと同じ構造です。
440-50311.jpg
楽天

左取り付けステーは分かりにくいですが、左排気管はタイコの右側から出てタイコの上部を廻ってきています。

購入検討時にフジツボHPのイラストと楽天の画像を見比べて、違っているのが不思議でした。

それが最近あるHPに行き当たり解決しました。

最新の4本出しはイラストの通り。構造が根本的に変更されていたのです。
3476.jpg
ウッドペッカー店長のブログ

左側ステーはマフラーに取り付けられ、左排気管はタイコの左側から出ています。これならタイコの重量でマフラーの溶接部が割れることはないでしょう。
おそらく補強材の追加だけでは対応できなく構造変更となったのでしょう。

新しいものは進化していきますね。欲しくなりました。

category: エンジン

[edit]

page top

マフラー補修

フジツボ・レガリスK4本出しの弱点、タイコとパイプの溶接部が割れてしまいました。
DVC00100_2013091206111384a.jpg

中古で購入したものですが、それほど長期間使われたものではないと思います。
レガリスKは車体への取り付けが、タイコ→パイプ→取り付けステー→車体となっています。つまりパイプがタイコを吊り下げる構造体の一部になっています。しかしパイプとタイコの間の溶接部は少ないので負担がかかるのでしょう。

最近のレガリスKは補強材が追加されて対策されているようです。ネットの画像を見ていて分かりました。
余談ですが、先日ヤフオクでは中古が39,000円で落札されていました。程度が良いとは言え、新品が同じサイトで送料込みで40,400円で買えるのにです。驚きました。

さてマフラーの補修は懇意にしているジュリアーノさんへ持ち込みました。
DVC00112_2013091206133844b.jpg


プロは手慣れたものです。ものの数分で作業完了。
DVC00111_2013091206111411e.jpg
しばらくはこれで大丈夫。根治させるには、対策品のように補強材を追加する必要があるでしょう。

スタイルといい、音質といい、気に入っているマフラーなので壊れたらまた直し、ずっと使っていくつもりです。
DVC00016 (2)



category: エンジン

[edit]

page top

ビーパラ参加ツアー

8月恒例のジュリアーノ・メンバーとのツーリングは、今年はビーパラに便乗。
お天気は予報が悪い方に進み、あいにくの雨となってしまいました。

そんな天候の中でも元気なジュリアーノ・メンバーが西湘PAに集結。
ハマオフ常連さんも偶然にPAに立ち寄られたので合流し、ビート5台、ほか4台、計9台で箱根を目指しました。

雨でなければ旧道の登りを楽しむはずが、まったくグリップせず、視界も悪く、ほとんど移動区間となってしまいました。

それでも箱根スカイラインの休憩ポイントに車を並べて記念撮影。
DVC00088 (3)

本番のビーパラでは雨が強くなり、傘をさしていても濡れるほど。
DVC00101_20130907223230ba2.jpg
気温が低い上に体が濡れたので、寒さに震えながらのビーパラでした。

category: ツーリング

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。