そうだ!ビートにしよう!

01/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29./03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

スカイサウンドOH

少しずつスカイサウンドのOHを始めました。
DVC00093 (3)
コントロールパネルも外してみました。

スイッチのひとつひとつを外してクリーニングしたかったからです。
つめが折れているものもありました。グラグラしていたのはそのためでしょう。
細かい補修が必要です。

パネルを外して気が付いたこと。

スカイサウンドのグレーの色は塗装なんですね。プラスティックそのものがあの色かと思っていました。
ご覧のように裏側はブラックです。

初め、プラスティッククリーナーでパネルの汚れ落としをしていたのですが、気を付けないと塗装を剥がしてしまいます。
幸いそこまでは磨き込みませんでした。
スポンサーサイト

category: オーディオ

[edit]

page top

交換時期

交換時期の項目もマニュアルにはあります。

交換時期が決められているもの
・ブレーキホース  4年
・ブレーキ液    1年
・マスタ&ホイールシリンダのカップ、ダストシール、キャリパのゴム部品  2年
・倍力装置のゴム部品、バキュームチューブ、チェックバルブ 4年
・ミッションオイル 4万キロ
・エンジンオイル 1万キロ、エレメント 2万キロ
・エアクリーナエレメント 4万キロ
・タイミングベルト 10万キロ
・燃料フィルタ 4万キロ、燃料ホース 4年
・冷却水 2年

これらの中で私のビートの交換時期が来ていて未交換なものは、
ブレーキホース、シリンダカップ、ダストシールなどのゴム類、倍力装置のゴム部品、燃料フィルタ、燃料ホース、
となります。今年は車検の年なので車検までには何とかしたいと思います。

意外だったのは、ブレーキ液の交換が1年毎であったこと。車検時(2年)と思っていました。

category: メンテナンス

[edit]

page top

給油脂図

マニュアルには給油脂図という項目があります。つまりオイル交換やグリースアップする箇所を教えてくれています。

その中に、ペダル摺動部があります。ついこの間、アクセルを離すとかすかなこすれる音がしていたので、556を掛けたところです。 音がしていたということは、すでに潤滑がなくわずかでしょうが金属が削られていたのではないかと思います。やはり定期的にグリスアップが必要なのでしょう。

ペダル摺動部に使う油脂はグリースとなっているので、556ではなくもっと粘着度があるものを使うべきなのでしょう。

呉工業に”高粘着潤滑スプレー”という製品があるので、今度はこれを使ってみたいと思っています。

category: メンテナンス

[edit]

page top

マニュアル

マニュアルを入手しました。

オクでは大変な高値で取引されています。

しかし、今後、整備をDIYでやるためには必要と判断しました。
ビートのマニュアルは数種類ありますが、このシャシ整備編でほとんどの整備ができると、教えてもらいました。

今は貧乏暮らしなので、資金作りのために昔余裕のあった頃に購入した雑誌を処分しました。初期の頃のオールドタイマーやノスヒロなどです。蔵書はほとんどなくなりました。

今はもうビート一筋です。

明日は、マニュアルの中から記事を書きたいと思います。

category: 未分類

[edit]

page top

MTB! 2012

イベントと言えば、ビート最大のイベント「MEET THE BEAT」の日程も発表されていますね。

今年は5月20日の日曜日に開催です。 →http://p.tl/alSA
申込は3月30日(金)までとなっています。

ただし、こちらは参加料が高いので私はパスと決めています。


category: イベント

[edit]

page top

チャリティーバザー

今年のカミムラ主宰チャリティーバザーの日程が決まりましたね。
http://www.h3.dion.ne.jp/~restoa25/ibent.htm

昨年は排水管清掃と重なり断念しました。

今年はぜひとも参加したいと思っています。

category: イベント

[edit]

page top

これ付けたい!

ミッションオイルを小分けしてもらいにホンダカーズ都筑桜並木店へ
DVC00098 (3)

話は自然とNBOXに。『ガイアの夜明け』を見て話には知っていましたが、非常に良くできた車です。軽とは思えない広い空間、肌さわりの良いシート生地etc・・・

DVC00094 (2)
そしてスマートキーシステム。 エンジンのスタートはこのスイッチで

DVC00095 (2)
これビートに付けたいです!

でも一番はこれ!! これをチューンしてビートに付けたい
DVC00096 (3)
新開発S07A DOHC チェーン駆動 4バルブ 58PS/7,300 6.6kgm/3,500

チェーン駆動です! タイベル切れの心配が要りません。

エンジン上面には「EARTH DREAMS」の文字が  ホンダ、かっこいい(^^)


category: ショップ

[edit]

page top

宮が瀬の春

この前の日曜の宮が瀬。気温はまだまだ低いのですが、日差しはすでに春です。
DVC00098 (2)
そんな日差しに誘われてでしょうか、車が集まり始めています。

その中に無限のパーツで決めた赤ビートさんがいらしてました。
DVC00103 (2)

赤ビートさんとは昨年12月のビーパラ以来2度目です。

DVC00104 (2)
無限のフロントスポイラー。オプションのフォグがぴったり収まっています。

DVC00105 (2)
ホイールはスパルコ。リムはアルミの無垢地です。磨き甲斐があることでしょう。私のパナもクリアーをはがして無垢にしました。アルミの無垢はいい感じです。

DVC00106 (2)
ボディにフィットしたリアスポ。 このタイプのリアスポは好きです。

DVC00110.jpg
リアバンパーはご自分でカットしてメッシュを入れてあります。 60年代のレーシングカーは良くこの仕様になっていたなぁ・・・「バックシャン」にしびれてました^^;

DVC00102 (2)
バイク乗りも集まっています。遠くの山には白馬が駆けているのが見えますね。

category: 宮が瀬

[edit]

page top

無限サス

DVC00091 (2)

ヤフオクを通じて知り合ったHさんのビートを試乗させてもらいました。
無限のサス、ストラットタワーバーで固められた足回りは、コーナリングで安定しています。

手を加えるとずいぶんと違った味付けになるものですね。
ちょっとしたアイテムでパフォーマンスが変わると言うのもビートの特徴なのでしょう。

一度味わってしまうとはまってしまいそうで恐い領域です^^;

category: 足回り

[edit]

page top

発売20周年記念純正アクセサリー

昨日、ビートを運転していて思ったこと。

「やはり発売20周年スカイサウンドコンポが欲しい!」
さっそく行きつけのカーズに出向き、在庫を確認してもらう。

「残念です。2月2日で売り切れになりました」
(ちなみに横浜東部のカーズです)

思い立つことが少し遅すぎたようです。
しかしこれであきらめがつきました。いや、売り切れていて良かったのかも。
もし、購入したとしたら「お金を掛けずにビートを楽しむ!」のコンセプトに外れてしまいますから。

お金を掛けずに「スカイサウンド復活!」を目指しましょう。

category: オーディオ

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。