そうだ!ビートにしよう!

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

カレスト座間

DVC00018.jpg
しばらく前のことになりますが、海軍道路に行った時に足を延ばしてカレスト座間に行きました。

DVC00019.jpg
駐車場は広々としています。土曜日でしたが、空いていました。駐車場では同じ車の仲間でしょうか、談笑したり、パーツを付けたりしていました。

DVC00017.jpg
正面の入口です。入ってすぐの所は自動車用品売り場になっています。

奥に進んでいくと・・・
DVC00014_20110731091327.jpg
MID4がありました。実物を見るのは初めてです。

DVC00010_20110731091326.jpg
テールランプのデザインはシルビアやZに継承されたようです。

DVC00013.jpg
左ハンドルなんですね。北米投入が前提だったのでしょう・・・

DVC00011_20110731091454.jpg
エアインテークはビートに比べるとかなり大きいです。フェンダーの張り出しも迫力があります。とても手が届くような車ではありませんが当時、開発中の記事を目にするとワクワクしたものです。

DVC00009_20110731091453.jpg
こちらはZ432。

DVC00008_20110731091453.jpg
510ブルーバードSSS、2ドアハードトップです。カラーはこの時代のブルーバードを代表するサファリブラウン。サファリラリーで活躍したのは4ドアでした。私の父は日産に勤めていたので『栄光の5000キロ』は招待券で観に行きました。アフリカの大地を駆け抜けるブルーバードがとてもカッコ良かったことを覚えています。

DVC00006_20110731091453.jpg
新車が展示されて販売もされています。車種があまり多くないのが残念です。


DVC00003_20110731091505.jpg
こちらは中古車のスペース。日産車が中心ですが、他メーカーもあります。試乗コースもあります。

DVC00004_20110731091452.jpg
日産座間工場の跡地に造られたカレスト座間。新車、中古車、ヒストリックカー、自動車用品、整備場、カフェなど、車好きには楽しみがそろった場所です。郊外にあることと、造られてから年数がたっているためか人が少なくトレッサ横浜のような賑わいを感じられないのが残念でした。が、その分ゆっくり見ることができますし、広いので開放感があります。今はヒストリックカーの特別展示をしているようです(8/31まで)。

スポンサーサイト

category: ショップ

[edit]

page top

ビートで潮干狩り

夏のこの時期にやってみたかったことのひとつが、『早朝ビートで海に行き、潮干狩りをする』でした。かねてより計画していたその“潮干狩り”を本日決行しました。潮干狩りの場所は「横浜・海の公園」です。

干潮時刻表から9:18の干潮時に合わせ、7時に海の公園磯浜駐車場に到着。本日は大潮ではなく中潮ですが、3番目くらいに潮干狩りには適した日だそうです。学校は夏休みに入っているので混雑を予想していたのですが、駐車場には他の車は1台しかいませんでした。つまり私で2番目です。
DVC00006 (2)

「本当に潮干狩りなどできるのか?」と不安になりながら海に向かいます。海にもほとんど人がいません。
DVC00007.jpg
それでも沖の方に3~4人ほど潮干狩りをしているらしき人がいます。長い柄の道具を持ち、ちょっと本格的な人たちです。

DVC00008.jpg
私もとりあえず始めてみることにします。砂を掘っていくと確かにあさりはいます。でも、とても小さいです。しゃがんで採るのは辛いので、休憩用に持ってきた折りたたみイスを使いました。これはとても楽でした。

DVC00009 (3)
2cm以下の稚貝は採らないというルールがあるので、かごに書いた2cmの印よりも大きいあさりをどんどん採っていきます。といってもほとんどが2~3㎝くらいです。大きいあさりはすでに採られてしまっているのでしょう。それでも2~3㎝くらいのあさりは掘ればたくさんあります。そして約2時間半をかけてかごに8割くらいのあさりがとれました。

DVC00012 (3)
採ったあさりはクーラーボックスの中に入れて持ち帰ります。海水も入れておきました。こうすると帰りがけにも砂抜きができるそうです。

DVC00011 (2)
10時頃駐車場に戻ってきましたが、あいかわらず車はいません。混雑に会わずにラッキーでした。

DVC00013 (2)
帰宅後、さっそくあさり汁で朝食です。みそ汁というよりも、味噌を少なくしたので、あさり汁です。あさりからの塩味が出たので味噌は少なくして正解でした。身は小さいですが、しっかりと味があり、海の幸を堪能できた朝食になりました。





category: イベント

[edit]

page top

ビーパラin本栖湖

昨日、本栖湖で行われたビーパラに初参加しました。

以前、掲示板に書き込みをいただいたNさんと同行しました。
am5:30に西湘下りPAにて待ち合わせ。国道1号→138号→139号と一般道を使って本栖湖へ

Nさんのビートと途中の道の駅で記念撮影です。
DVC00005.jpg
昨年、オートテラスで購入されたバージョンZです。まだ39,000㎞しか走っていません。
マフラー、サスは交換されていますが、外見はノーマルです。銀ビートはノーマルが似合っていますね。ジェントルな感じがします。

am8:30、約2時間で本栖湖へ到着。いざ本栖湖へ来てみてどこへ行けば良いのか、最初のPAに下りてみましたが、ビートはゼロ。他の駐車場を探して、結局、湖を一周。途中、姫路ナンバーの銀ビートさんを停めて道を聞いたり、そしてようやく分かりました。

初めのPAの次にある道沿いのPAでした。(※掲示板には“湖畔に下りずに”とありました。)
DVC00028 (2)

私たちが着いてからもぞくぞくとビートが集まってきます。
総勢は30台近くになりましたでしょうか。ノーマルのビートからNSX+フェラーリ風のカスタムビートまで、オーナーの熱い思いが込められたビートばかりです。

DVC00011.jpg
こちらは今回の主宰者さんの銀ビート。4台ビートをお持ちだそうなのですが、今回はこの銀ビートです。こちらもほぼノーマルですが、エンブレムを赤地にさりげなく変えられています。

DVC00010 (2)

DVC00008 (2)
こちらはカスタムビート。フロントはNSX、リアはフェラーリ風、違和感なくまとめられています。このような軽スポーツがあったらいいなと思いました。

そして自己(車)紹介の時間。
DVC00027.jpg

DVC00023.jpg
それぞれ自己&拘りのポイントなどを紹介していきます。

この後、じゃんけん大会が行われ、有志提供の商品が勝者に渡されていきました。
私は、ユーザー車検のビデオ(手をあげたのは私だけ)、同行したNさんはDVDをゲットしました。

気温も熱かったですが、ビートオーナーの熱い思いが伝わり刺激になった一日でした。
主宰者さま、交流の場を設けていただきましてありがとうございました。



category: オフ会

[edit]

page top

ミニオフ会

『早朝、首都高だべり会』というオフ会がありましたので参加してきました。
am5:30からam8:00の自由参加、自由解散、堅苦しいことは抜き、早朝のドライブがてらの情報交換という今回の主旨、夏の早朝の気持ち良い時間に、そして短時間と良い企画でした。

場所は首都高速、辰巳第一PA。5:45頃第一陣が揃いました。
DVC00002_20110703211723.jpg
ビート4台、ロードスター、TE71レビンの合計6台。

DVC00003.jpg
都心の高層マンションを背景にカラフルなビートが並びました。

DVC00010_20110703211722.jpg
グリーンパールとホワイトのお二人さんが帰ったのとほぼ入れ替わりで、ご夫婦とお子さんで参加の黄ビート2台とVer.Zが来ました。そして最近、ポルシェから乗り換えたと言う銀ビートさんも♪

みんなほとんどが初対面のようでしたが、ビートという共通の話題で旧知のように自然に話が弾みました。



category: オフ会

[edit]

page top

サーキットオープン

スロットカーサーキットがオープンしました。
DVC00002_20110702223303.jpg

オープン初日、さっそく久しぶりに取り出し軽く整備した“愛車”を携え、行ってみました。
夜9時という遅い時間でしたが、多くの常連さんにまざり、久しぶりに走らせてみました。
DVC00003 (2)
初めはおっかなびっくりで、コントローラーの感覚が分からず、何度かコースアウトしながら1時間の走行を楽しみました。
操作するのはコントローラーの開度だけなのですが、その開度次第でコースアウトもし、速く抜けられもします。なかなか難しいですが、うまくコーナーを抜けられた時など「やった!」という感じになります。

そして昨日(7/1)は恒例のレースがあるというので、見学に行ってみました。
レース直前、出場者の愛車が並べられます。
DVC00009_20110702223304.jpg

DVC00014.jpg
日野サムライやシャパラルなど懐かしい車が並びます。みんな実物を彷彿とさせるような、細部まで拘った作り込みがされています。

そしてレーススタート!
DVC00064.jpg

DVC00028.jpg
とても速いスピードで駆け抜けていくので目で追いかけていくのがやっとなのですが、見慣れてくると数台の車がデッドヒートしているのが分かってきます。距離を詰めたり離されたり、見ているだけでもエキサイトしてきます。

category: ショップ

[edit]

page top