そうだ!ビートにしよう!

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

宮ヶ瀬へ

ビートを街中で走らせて満足していたら、それはもったいないことだ。

信号が青に変わってスタートした時はエンジンの吹け上がりを楽しむことができるが、じきに赤信号でストップだ。
もう少しエンジンを回した状態を楽しみたい。信号区間でゴー&ストップを繰り返すのではなく、長く走りたい。

だからと言って高速を走るのも楽しくない。
高回転の維持は楽しめるが、シフトチェンジの楽しみがない、景色が変わらない、つまり単調だ。
高速はもっとスピードの出る車、フェラーリやポルシェなどの高速道路に似合う車に任せておけばいい。

ビートのような小型スポーツはやはり郊外の裏道や山間部のワインディングロードが似合うし、面白い。

幸い神奈川には宮ヶ瀬や相模湖周辺など信号がほとんどない郊外の道がある。
法定速度内で十分ビートの走りを楽しむことができる。
(箱根もあるが、勾配がきつくてビートにはちょっと辛い)

ただしそこへ行くには私の住むところからは1時間くらいはかかってしまう。

そこで信号の少ない裏道を使い、遠回りしてでもビートの走りを楽しむ。
道幅が狭いところもあるが、普通車で躊躇するようなところでもビートならば十分のスペースだ。


スポンサーサイト

category: 宮が瀬

[edit]

page top

シーズン終了

先日、いつもの峠を走ったら一部がすでに凍結していました。

早朝の峠アタックのシーズンは終了です。
次にスポーツドライヴィングできるのは4月になってからでしょう。
長いシーズンオフです。

しばらくは日中に温かい日差しを浴びながらのクルーズです。
たまには温泉に行くのも良いかな・・・

オフはオフなりの楽しみ方がありますね。

category: 宮が瀬

[edit]

page top

宮が瀬へ

スカイサウンドの修理でしばらく乗れなかったビート。修理も終わりようやく週末になり、3週間ぶりに宮が瀬へ行きました。

今回は横浜の桜の名所のひとつでもある海軍道路を経由して行きました。
DVC00093 (2)
まだ7分咲き位です。満開になると見事な桜のトンネルができます。

そして宮が瀬。
DVC00105.jpg
バージョンCのNさん、無限パーツで決めたYさんがいらっしゃいました。この日の宮が瀬は多くの人はお花見に行ってしまったのか、比較的人が少なかったです。そんな訳で現在のコンディションや過去に行ったメンテのことやらじっくり話すことができました。

そして帰りはスポーツカーサービスへ。
DVC00119_20120411210508.jpg
途中、桜がきれいに咲いていたので記念撮影。お天気に恵まれ、春の1日を堪能しました。

category: 宮が瀬

[edit]

page top

出会い

本日、宮が瀬でお会いした赤ビートさん。私と同じ平成5年式。

購入されてからまだ1年未満。私のHPをご覧いただいているとのこと。すっかりビートの虜になられているようでした。

私と同じことを考えている方がきっとどこかにいるだろうと思い、私が通った道筋が活かされればと始めたHP&ブログですが、どうやらお役に立てているようです。

おかげさまで訪問者数も昨日で5000人を超えました。

これからも時間の取れる限り続けていきたいと思います。

ps:赤ビートさんへ 宮が瀬などに出掛ける時には掲示板に書き込みしておきますので、またお会いしましょう。

category: 宮が瀬

[edit]

page top

宮が瀬の春

この前の日曜の宮が瀬。気温はまだまだ低いのですが、日差しはすでに春です。
DVC00098 (2)
そんな日差しに誘われてでしょうか、車が集まり始めています。

その中に無限のパーツで決めた赤ビートさんがいらしてました。
DVC00103 (2)

赤ビートさんとは昨年12月のビーパラ以来2度目です。

DVC00104 (2)
無限のフロントスポイラー。オプションのフォグがぴったり収まっています。

DVC00105 (2)
ホイールはスパルコ。リムはアルミの無垢地です。磨き甲斐があることでしょう。私のパナもクリアーをはがして無垢にしました。アルミの無垢はいい感じです。

DVC00106 (2)
ボディにフィットしたリアスポ。 このタイプのリアスポは好きです。

DVC00110.jpg
リアバンパーはご自分でカットしてメッシュを入れてあります。 60年代のレーシングカーは良くこの仕様になっていたなぁ・・・「バックシャン」にしびれてました^^;

DVC00102 (2)
バイク乗りも集まっています。遠くの山には白馬が駆けているのが見えますね。

category: 宮が瀬

[edit]

page top